アフターサービスがしっかりしているか確認

アフターサービスのチェックを忘れない

家を建てる際、どこの業者に依頼するかは重要ですよね。ハウスメーカーや工務店、または近所の大工さんなどさまざまな選択肢があり迷ってしまいます。できるだけ費用を抑えたい、モダンなデザインの家がいい、など要望はたくさんあるでしょう。しかしすべてを満たしてくれる業者はそう多くはないものです。業者を選ぶときには何を優先するかを決めなければなりません。

業者選びをする際、意外と忘れがちなのがアフターサービスの内容です。しかしこれは非常に大切なポイントです。建てた家には何十年も住むものですよね。年数が経てば劣化する部分も出てきます。安全に、安心して住み続けるには定期的な点検やケアなど管理をすることが必要なのです。

アフターサービスのチェックポイント

アフターサービスにおいて基本構造部分は最低10年間は不具合のある部分を修理したり、補修したりしてもらうことができます。法律で決められているから安心ですね。さらにそれぞれの業者によってもアフターサービスの内容や期間が異なります。もっと長い期間の保証をつけてくれているところもあります。構造躯体は20年保証、というケースもありますよ。無料ではありませんが、メンテナンスや定期点検はもっと長い期間請け負ってくれる業者もあります。

災害などがあった後、連絡をくれたり点検に来てくれたりする親切な業者なら信頼できますね。長く住んでいればリフォームなどが必要になることもあるでしょう。そんなときに相談にのってくれるサービスがあるとうれしいですね。