住む地域を変えるときは就学前の引っ越しがのぞましい

なぜ就学前が望ましいの?

就学前の子どもたちは幼稚園や保育園などですでにお友達がいる場合も多いですが、小学校に入ると新しいお友達がたくさんいる環境でまた新たな人間関係を築いていくものですよね。そのため、小学校に入ってからの引っ越しは、新たな人間関係が出来てきてこれから6年間ずっと一緒にいると思っていたお友達と離れてしまうことになります。転校先の新しい学校でお友達が出来るのか子どもが不安な気持ちを抱いたり、今までのお友達と会えなくなることに対して悲しい気持ちになったりする可能性があります。しかし、就学前の引っ越しなら、その地域で知っている子がいなかったとしても、他の子どもたちと同じようにまた新しいお友達を作ることが出来るでしょう。

子どもの気持ちを大切にしよう

就学前に引っ越しをすることになったといっても、子どもに他の地域へ引っ越すことをきちんと説明し、理解してもらおうとする必要があります。まだ幼い時はきちんと理解することが難しいかもしれませんが、幼いなりに環境の変化や寂しさなどを感じるはずです。子どもの変化を良く見て、寄り添ってあげるといいでしょう。また、様々な事情があり就学後に引っ越しすることになる場合もありますよね。その時は、出来るだけ早めに引っ越しの可能性があるということを伝えてあげましょう。そうすることで子どもも心の準備をすることができ、今までのお友達との関係をより大切にしようと思うのではないでしょうか。引っ越しした後も、転校先でどんな学校生活を送っているのか話をする時間を多く持つといいですね。