注文住宅は立地や間取りなど、自分の理想通りのマイホームを叶えられる戸建ての種類です。こんな風にしたいなど、色々イメージすると夢が広がりますよね。家のイメージが整ってきたら、資金面についても検討していかなければいけません。本コラムは、資金計画を進めていくうえで必要なライフプランについてや、注文住宅を建てる時の注意点に関してお話します。

注文住宅の資金計画はライフプランもチェック

ライフプランを考えて家計の管理をしっかりしていくことが大事

子どもの学費や習い事などの教育費について考慮して資金計画を立てる

老後の貯蓄のことも考えて資金計画を組む

無理のない資金計画を立てよう

近年は価格の下落や住宅ローン減税の導入などにより以前に比べますと比較的マイホームが手に入りやすくなりました。しかしそうは言えども、やはり家というものは高価な買い物であることには変わりません。特に完全自由設計によって家づくりを行う注文住宅においては、ほかの住宅に比べますとやや価格が高い傾向にあります。理想的な家を実現できる注文住宅なだけに、中には無理をして資金を投入する人も見かけられますが、無理は禁物です。せっかく家を建てたのに、お金が無くなり生活ができなってしまっては、元も子もありません。家の完成後における生活はもちろんのこと、将来の老後の生活も見据えて、長期的なスパンに立って無理のない資金計画を立てることが重要と言えます。

専門家を活用して資金計画を立てる

資金計画を立てるといっても一般の人にはなかなか難しい話かもしれません。そこで活用したいのがファイナンシャルプランナーなどの専門家の利用です。住宅展示場やハウスメーカーにはファイナンシャルプランナーも在籍しており、無料で資金計画を立てる支援をしています。毎月の収入と支出、それに家族構成などが分かれば、あとはファイナンシャルプランナーが長年の経験と知識を活かして、適切にシミュレーションをしていきます。もちろん、このシミュレーションでは老後の貯蓄のことも考慮して組まれますので安心です。そして、住宅購入に投入すべき資金がどれくらいであるか、また住宅ローンを組むならどれくらいか、などについて、最適な金額を提示してくれます。注文住宅での家づくりを目指している人は、是非、こうした専門家を活用して資金計画を適切に立てるようにしましょう。

>

注文住宅をローコストにするには

注文住宅を建てる際の注意点

夢のマイホームを手に入れるには、資金面や住宅ローンのこと、土地や業者選びなど、考えることがいっぱいありますよね。何か他にも見落としがないか気になるものです。ここでは、注文住宅を建てる時に注意しておきたいポイントを紹介します。

住む地域を変えるときは就学前の引っ越しがのぞましい

就学前の子どもたちは幼稚園や保育園などですでにお友達がいる場合も多いですが、小学校に入ると新しいお友達がたくさんいる環境でまた新たな人間関係を築いていくものですよね。そのため、小学校に入ってからの…

アフターサービスがしっかりしているか確認

家を建てる際、どこの業者に依頼するかは重要ですよね。ハウスメーカーや工務店、または近所の大工さんなどさまざまな選択肢があり迷ってしまいます。できるだけ費用を抑えたい、モダンなデザインの家がいい、な…

土地選びは周辺環境の下見をすることが必要

土地選びにおいて気になった土地があれば、下見をすることが重要です。その土地にもし住むこととなった場合、以降は末永くその地域のお世話になります。自分がその地域に住んでいける環境であるか、その雰囲気を…